×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方セル操作の基本セルの罫線・背景の変更

罫線の変更の仕方

罫線の種類と色

セルの背景

背景パターンの変更

■罫線の種類と色

エクセルでは、右クリックのショートカットメニューの「セルの書式設定」から「罫線」タブを選択した場合を例に説明をします。

1.右側のウィンドウで、罫線のパターン(実線、点線、破線、太線…)を選択します。

2.左側のウィンドウで、罫線を引く場所を選択します。選択した場所に、1で選んだ線が表示されると思います。もう一度選択をすると、罫線が消えます。

3.罫線の色を変更することもできます。「色」のウィンドウで初期設定では「自動」となっていますが、ここの値を変更することで、罫線の色を変更することも可能です。


エクセルの使い方:まだ罫線が引かれていない状態  エクセルの使い方:まだ罫線が引かれていない状態
(まだ罫線が引かれていない状態)

エクセルの使い方:セルの下罫線を引いたところ。
(セルの下罫線を引いたところ。色は、赤枠で囲ったところで変更ができます)

エクセルの使い方:罫線を引いた状態1  エクセルの使い方:罫線を引いた状態2
(罫線を引いた状態)


エクセルでの罫線の変更は、複数のセルに同時に設定することが可能です。

おそらく、もっとも使用頻度が高いのは、

・セルのマス目全てに細い実線を引く。
・四隅を太枠で囲む。

設定になるでしょう。

この二つの設定は、メニューバーの罫線の変更ボタンから選択することができます。


エクセルの使い方:まだ罫線が引かれていない状態3  エクセルの使い方:まだ罫線が引かれていない状態4
(まだ罫線が引かれていない状態)

エクセルの使い方:格子状に罫線をひくボタンを選択
(格子状に罫線をひくボタンを選択)

エクセルの使い方:格子状に罫線を引いた状態  エクセルの使い方:格子状に罫線を引いた状態2
(格子状に罫線を引いた状態)