×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセル初心者でも使い方が分かる上級者のエクセル裏技やトラブル解決方法などを紹介しています。

エクセルの使い方

エクセルの使い方 > 図形操作の基本 >

■図形描画の前に


  1. ツールバーの表示
  2. 図形の基本用語

■ツールバーの表示

図形描画ツールバーを表示させましょう。

ファイルメニューの「表示」-「ツールバー」から「図形描画」にチェックを入れます。

図形描画バーでは、テキストボックスや、オートシェイプなど、図形を使うにあたって、非常に役立つ機能を含んでいます。

私のおすすめとしては、エクセルの下部に表示させておくのが良いと思います。

ページトップへ▲

■図形の基本用語

テキストボックス
主に、付箋のように文字を入力することを前提に使用する図形。形は、四角形のみです。


オートシェイプ
さまざまな形の図形を使いたいときに選択します。単純な四角形から、吹き出しの形、星形など、たくさんの種類が用意されています。

またテキストボックスのように、文字を図形の中に入力することも可能です。


矢印
エクセルでは、単純な直線を挿入することができますが、直線の端を矢印に変更することもできます。


ワードアート
文字を図形のように扱いたいときに、選択します。

最初にさまざまな形が用意されているので、その中から好きな形を選択します。

挿入したワードアートの形もさらに変形することが可能です。


クリップアート
自分でとった写真や、MicroSoftが提供している画像を挿入することができます。

ページトップへ▲