×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセル初心者でも使い方が分かる上級者のエクセル裏技やトラブル解決方法などを紹介しています。

エクセルの使い方

エクセルの使い方 図形操作の基本 > 

■ワードアート


  1. 挿入方法
  2. 色・フォントの変更
  3. ワードアートの種類の変更
  4. 大きさ・位置の変更
  5. 回転
  6. 文章の微調整
  7. 形状の変更
  8. 文字を斜めにする

■挿入方法

図形描画ツールバーから、ワードアートのアイコンをクリックします。

ワードアート:エクセルの使い方1

「ワードアートギャラリー」ウィンドウに、挿入できるパターンの一覧が表示されますので、好きなものを選んで「OK」ボタンを押します。

ワードアート:エクセルの使い方2


次に、「ワードアートのテキスト編集」ウィンドウに切り替わりますので、ここで表示させたい文字を入力して「OK」ボタンを押せば、ワードアートを挿入することができます。

ワードアート:エクセルの使い方3

ワードアート:エクセルの使い方4

ページトップへ▲

■色・フォントの変更

ワードアートに変更を加えるには、ワードアートツールバーから行うと便利です。

ワードアートツールバーは、ワードアートを選択すると、表示されます。

ワードアート:エクセルの使い方5


色を変更する

「ワードアートの書式設定」ウィンドウから行います。このウィンドウを表示するには、
・ワードアートツールバーから、「ワードアートの書式設定」ボタンを押す。

・ワードアートの上で右クリックをし、ショートカットメニューから「ワードアートの書式設定」を選択する。
の2つの方法があります。

このウィンドウの中に、「色と線」タブがあるのでここでワードアートの色を線と背景色に分けて変更することができます。

ワードアート:エクセルの使い方6

ワードアート:エクセルの使い方7


フォントを変更する

「ワードアート テキストの編集」から行います。このウィンドウを表示させるには、
・ワードアートツールバーから、「ワードアート テキストの編集」ボタンを押す。

・ワードアートの上で右クリックをし、ショートカットメニューから「テキストの編集」を選択する。

・ワードアートの上で、ダブルクリックをする。

の3つの方法があります。

最初にワードアートを挿入したときと同じウィンドウが出てきますので、ここでフォントを変更することができます。

ワードアート:エクセルの使い方8

ワードアート:エクセルの使い方9

ページトップへ▲

■ワードアートの種類の変更

挿入したワードアートは、別の種類のワードアートへ簡単に変更することができます。

ワードアートツールバーに「ワードアートギャラリー」ボタンがありますので、ここで違うパターンを選択すれば、ワードアートの種類を変更することができます。

ワードアート:エクセルの使い方10
( ワードアートギャラリーボタンを選択)

ワードアート:エクセルの使い方2
(ワードアートギャラリーウィンドウが表示されます)

ワードアート:エクセルの使い方11
(選択したワードアートに変更されました)

ページトップへ▲

■大きさ・位置の変更

大きさや位置を変更するには、通常の図形と同じようにできます。

ワードアートをドラッグすれば、位置を変更することができます。

また、ワードアートの四隅にある小さい四角をドラッグすれば、ワードアートの大きさを変更することができます。

大きさを変更する場合、Shiftボタンを一緒に押せば、縦横の比率を変えずに、拡大・縮小をすることができます。


ワードアート:エクセルの使い方4

ワードアート:エクセルの使い方12
(ワードアートを選択して、ドラッグします)

ワードアート:エクセルの使い方13
(ワードアートの大きさが変わりました)

ページトップへ▲

■回転

ワードアートツールバーから「回転」ボタンを選択します。

ワードアート:エクセルの使い方14

すると、ワードアートに緑色の○ボタンが表示されます。

この状態では、マウスの形が○のような形になりますので、緑色の○のにマウスを重ねてドラッグすれば、ワードアートを回転させることができます。

Shiftを押しながら回転をさせると、正確に90度、180度、270度で回転させることができます。

ワードアート:エクセルの使い方15
(マウスを緑色の円に重ねたところ)

ワードアート:エクセルの使い方16
(マウスを上方向にドラッグします。 )

ワードアート:エクセルの使い方17
(ワードアートが回転しました)

ページトップへ▲

■文章の微調整

ワードアートの文字も、通常の文字と同じように校正をすることができます。ワードアートでできることは、下記の三つです。

縦書きにする
高さをそろえる
中央ぞろえ・左揃え・右揃えなど

テキストの編集については、セルのページ(文字の入力、セル内の文字の表示)も参考になります。

ワードアート:エクセルの使い方18
(揃え方の例を出したところ)

ページトップへ▲

■形状の変更

用意されたパターン以外でも、さらに、形状を変更することができます。

ワードアートツールバーに、「形状」ボタンがあるので、このボタンを押すと、さらに別のパターンが表示されます。

ワードアート:エクセルの使い方19

これらのパターンを選択することで、ワードアートの形をさらに自由に変更することが可能です。


ワードアート:エクセルの使い方20

ワードアート:エクセルの使い方21
(選択した形状に合わせて、ワードアートの形が変わりました)

ページトップへ▲

■文字を斜めにする

ワードアートを選択したときに表示される黄色のひし形のボタンで、ワードアートを斜体にすることができます。

常の斜体と違うのは、自分で自由に斜体の角度を変更することができます。

黄色いひし形にマウスを重ねると、マウスの形が変わりますので、この状態で、マウスをドラッグします。

すると、マウスをずらした方向に、図形が斜めになります。

ワードアート:エクセルの使い方22
(マウスをドラッグします)

ワードアート:エクセルの使い方23
(文字が斜めになりました)

ページトップへ▲