×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセル初心者でも使い方が分かる上級者のエクセル裏技やトラブル解決方法などを紹介しています。

エクセルの使い方

エクセルの使い方 図形操作の基本 > 

■矢印・線


  1. 挿入方法
  2. 色の変更
  3. 線の種類の変更
  4. 矢印の形の変更

■挿入方法

図形描画ツールバーの「オートシェイプ」-「線」から挿入する方法と、ツールバーにあるアイコンから挿入する方法があります。

矢印・線:エクセルの使い方10
(図形描画ツールバーの線のボタン)

普段使う分には、後者のほうが楽にできると思います。

ただ、線を折り曲げたりしたいときなどは、前者の方法を使います。

矢印・線:エクセルの使い方1

矢印・線:エクセルの使い方2
(マウスをドラッグして、線を引いたところ)


「フリーフォーム」では、線を折り曲げたいところでクリックをすれば、線を折り曲げることもできます。

矢印・線:エクセルの使い方3

ページトップへ▲

■色の変更

「オートシェイプの書式設定」ウィンドウから行います。

やり方は、オートシェイプの場合とほとんど変わりありません。

また、線の種類の変更はよく行う操作ですので、図形描画ツールバーに、アイコンが用意されていて、すぐに変更が可能です。

矢印・線:エクセルの使い方2

矢印・線:エクセルの使い方4
(色を選択して)

矢印・線:エクセルの使い方5
(線の色を変更します)

ページトップへ▲

■線の種類の変更

「オートシェイプの書式設定」ウィンドウから行います。

やり方は、テキストボックスの場合とほとんど変わりありません。また、色の変更はよく行う操作ですので、図形描画ツールバーに、アイコンが用意されていて、すぐに変更が可能です。

矢印・線:エクセルの使い方2

矢印・線:エクセルの使い方6

矢印・線:エクセルの使い方7


線の種類を変更するために、図形描画ツールバーにボタンが用意されています。このボタンを使って、簡単に線の種類を変更することもできます。

矢印・線:エクセルの使い方11

ページトップへ▲

■矢印の形の変更

矢印の形を変更するには、「オートシェイプの書式設定ウィンドウ」から行います。

さまざまな形が用意されていますので、自分の好きな形を選びましょう。大きさも変更することができます。

このウィンドウで分かると思いますが、線の始点、終点でそれぞれ矢印の大きさを指定することができ、また矢印を取り消したり、普通の線に矢印を追加することも可能です。

矢印・線:エクセルの使い方2

矢印・線:エクセルの使い方8
(矢印の形を変えると)

矢印・線:エクセルの使い方9
(線の矢印の形が変わりました)

ページトップへ▲