×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方 関数の基本関数の書き方

■関数の書き方

  1. 関数の基礎知識
  2. 四則演算
  3. セル参照のしかた
  4. セルの相対参照
  5. セルの絶対参照
  6. 文字列の使い方

■セル参照のしかた

エクセルで関数を使うときに、必ず覚えなければいけないこと、それがセル参照になります。

名前だけでは何を言っているのか見当がつかないと思うので、次のように入力してみてください。

・A1セルに、「あいうえお」と入力する。
・B1セルに「=a1」と入力する。

すると、B1セルには、「あいうえお」と表示されると思います。


エクセルの使い方:セル参照のしかた1
(A1セルを参照するように関数を入力しました)

エクセルの使い方:セル参照のしかた2
(B1セルにA1セルの値が表示されました)


今度は、A1セルの値を「かきくけこ」と変更してみましょう。すると。。B1セルの値も「かきくけこ」と変わりませんか?

セル参照とは、つまりセルの番号を指定すれば、そのセルに入力されている値をそのまま使えるということです。

たとえば、
A1セルに、「=B1*C1」と入力します。
すると、簡単な掛け算専用の電卓が出来上がってしまいます。B1、C1に好きな数字を入れて、A1セルの値が変わっていくのを確かめてみてください。

なお、参照先のセルに何も値が入っていない状態だと、0が表示されます。


エクセルの使い方:セル参照のしかた3
(B1せるとC1セルの値の掛け算結果をA1セルに表示させます)

エクセルの使い方:セル参照のしかた4
(B1セル、C1セルが空欄だと、A1セルには0が表示されます)

エクセルの使い方:
(B1セル、C1セルに値を入力すると、A1セルに計算結果が表示されます)