×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方データ管理機能の基本 > 入力規則

■入力規則

エクセルでは、みんなで表を使うと、使い方がそれぞれ違うので、表がぐちゃぐちゃになってしまうことがたくさんあります。

ぐちゃぐちゃになってしまう原因の一つが、みんなが好き勝手にエクセルに入力してしまって、データに統一感がなくなってしまう点です。

そこでエクセルの入力規則という機能が効果を発揮します。

この機能は、入力できる文字を指定した文字のみに限定ができます。

メニューの「データ」から「入力規則」を選択したところ
(メニューの「データ」から「入力規則」を選択したところ)


どんな文字だけを入力可能とするかは、自分で自由に設定ができます。

入力規則を設定するには、
・入力規則を設定したいセルの範囲を全て選択する。
・メニューの「データ」から、「入力規則」を選択する。

すると、入力規則ウィンドウが新たに表示されます。


エクセルの使い方:勤務状況に、「良い」、「悪い」、「普通」という値だけを入れたいと思います
(勤務状況に、「良い」、「悪い」、「普通」という値だけを入れたいと思います)

エクセルの使い方:入力規則のウィンドウで、入力値の種類から、リストを選択します
(入力規則のウィンドウで、入力値の種類から、リストを選択します)

エクセルの使い方:入力したい値の範囲を選びます
(入力したい値の範囲を選びます)

エクセルの使い方:元の値に選択した範囲が数式で入力されました
(元の値に選択した範囲が数式で入力されました)

エクセルの使い方:入力規則を適用したい範囲のセルの横に、「▼」ボタンが表示されるようになりました
(入力規則を適用したい範囲のセルの横に、「▼」ボタンが表示されるようになりました)

エクセルの使い方:「▼」ボタンを押せば、セルに入力する値を選択できます
(「▼」ボタンを押せば、セルに入力する値を選択できます)


このウィンドウの中にある「入力値の種類」で、どんなデータを入力可能とするかを指定できます。

日付を指定した場合は、日付のみを、整数を指定した場合には、整数のみを入力できるようになります。

逆言うと、それ以外の値を入力するとエラーとなって、入力ができません。

この中に、「リスト」という項目があります。リストでは、入力できる値を自分で自由に指定ができます。

リストで入力できる値を指定するには、あらかじめ入力したい値の一覧を表のどこかに入力しておいて、その範囲を指定してあげればOKです。

入力できる文字をリストで指定したセルに移動すると、セルの右側に「▼」ボタンが表示されます。

このボタンを押せば、先ほど指定した文字のどれかを選択して、入力することが可能です。


エクセルの使い方:入力規則で指定されていない値を入れようとすると
(入力規則で指定されていない値を入れようとすると、)

エクセルの使い方:エラーが表示されて、入力ができません
(エラーが表示されて、入力ができません)

■データ管理機能の基本

  1. 並び替え
  2. オートフィルタ
  3. 入力規則