×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方 > 行・列操作の基本 > 行・列の選択

■行・列の選択

行番号をクリックして選択する

エクセルでは行番号をクリックすると、1行全部を選択することができます。

エクセルの使い方:行番号をクリックして選択する


複数行を選択する

エクセルで複数行を選択したい場合には、行番号の上で、ドラッグすれば可能です。

同様に、1行をクリックで選択した後、他の行をShiftを押しながら選択すると、はじめにクリックした行から、Shiftを押してクリックした行までの間、全ての行を選択することができます。

エクセルの使い方:複数行を選択する


Ctrlを押して複数行を選択する

エクセルでCtrlを押しながら行を選択すると、離れた位置にある行も選択することができます。

行番号→列番号として読み変えた場合、同様のことを列でも実現できます。

列番号をクリックすれば、1列全体を選択できますし、列番号の上でドラッグをすれば、複数列を選択することができます。

エクセルの使い方:Ctrlを押して複数行を選択する


例の図では、全て行の選択となっていますが、列の場合でも同じです。

列番号をクリックすれば1列を、列番号の上でドラッグすれば、ドラッグした範囲の列を全て選択することができます。

■行・列操作の基本

  1. 行・列の選択
  2. 行・列の幅の調整
  3. 行・列の挿入
  4. 行・列のコピー・貼り付け・切り取り
  5. 行・列の表示・非表示