×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方 > 行・列操作の基本 > 行・列のコピー・貼り付け・切り取り

■ 行・列のコピー・貼り付け・切り取り

基本的なやり方は、セルのコピー・貼り付け・切り取りとまったく変わりありません。

一つ違う点は、行(列)を貼り付けるときに、選択した行にそのまま貼り付けるのか、もしくは、コピーした行(列)を新たに「挿入する」かを選べる点です。

行(列)をコピーして貼り付けるときに、「コピーしたセルの挿入」というメニューが加わっています。

この項目を選択すれば、コピーした行(列)をどこかの行(列)に貼り付けるのではなく、コピーした行(列)を挿入することが可能です。

この操作は、複数行(列)を選択した場合にも可能です。

エクセルの使い方:右クリックのショートカットメニューから「コピー」を選択したところ
(右クリックのショートカットメニューから「コピー」を選択したところ)

エクセルの使い方:行がコピーされている状態
(行がコピーされている状態)


エクセルの使い方:コピーした行は、「コピーしたセルの挿入」で、挿入することもできます
(コピーした行は、「コピーしたセルの挿入」で、挿入することもできます)

■行・列操作の基本

  1. 行・列の選択
  2. 行・列の幅の調整
  3. 行・列の挿入
  4. 行・列のコピー・貼り付け・切り取り
  5. 行・列の表示・非表示