×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方 図形操作の基本 > 

■オートシェイプ

  1. 挿入方法
  2. 大きさ・位置の変更
  3. オートシェイプの種類
  4. 文字の挿入
  5. 色の変更
  6. 線の種類の変更
  7. 3-D効果
  8. 回転

■挿入方法

図形描画ツールバーから、オートシェイプのアイコンをクリックします。

オートシェイプ:エクセルの使い方1

ワードアートと同じように、さまざまなパターンが用意されていますので、好きな形を選びます。

すると、マウスが白い十字から、細い十字の状態になりますので、この状態あれば、オートシェイプを挿入できます。

オートシェイプ:エクセルの使い方2
(角丸四角形を選択して、)

オートシェイプ:エクセルの使い方3
(マウスをドラッグして、図形を挿入するところ)


挿入するときには、適当な場所でクリックをすると、初期設定の大きさでオートシェイプが挿入されます。

また、ドラッグして大きさを決めた状態で、オートシェイプを挿入することもできます。

また、四角や円、単純な棒線など使用頻度の高いものは、アイコンが既に用意されていて、すぐに選択できるようになっています。

オートシェイプ:エクセルの使い方4
(直線、矢印、四角形、円は良く使います)

ページトップへ▲