×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エクセルの使い方

スポンサーリンク

エクセルの使い方 図形操作の基本 > 

■オートシェイプ

  1. 挿入方法
  2. 大きさ・位置の変更
  3. オートシェイプの種類
  4. 文字の挿入
  5. 色の変更
  6. 線の種類の変更
  7. 3-D効果
  8. 回転

■大きさ・位置の変更

大きさや位置を変更するには、マウスの操作で行います。

オートシェイプの四隅などにある小さい白抜きの四角ボタンをドラッグすれば、大きさを自由に変更することができます。

オートシェイプ:エクセルの使い方6
(周りにある白抜きの四角をドラッグして)

オートシェイプ:エクセルの使い方7
(図形の大きさを変更できます)


また、オートシェイプ上のどこかにマウスを置いて、その状態でドラッグをすると、オートシェイプを移動させることができます。

ちなみに、Shiftを押しながらオートシェイプの大きさを変えると、縦横の比率を変えずに、拡大縮小ができます。

また、オートシェイプを移動させると、縦位置を変えずに横にスライドしたり、横位置を変えずに、縦にスライドさせることができます。

オートシェイプ:エクセルの使い方5
(図形を移動しているところ)

ページトップへ▲